新しい法律ができない限りオンラインカジノに違法性はありません。

日本における違法性は?

グラデーションの間に浮かぶトランプ

 

世界では多くの国がギャンブルを合法化していますが、日本では賭博法により禁止されています。
公営ギャンブルである競馬や競艇以外のギャンブルは原則許されません。
パチンコもギャンブルとほぼ同じ形式なのですが、こちらは国に見逃して貰っておりグレーゾーン状態です。

 

このように日本ではギャンブルが全面禁止で、違反すれば逮捕で実刑を受ける恐れもあります。
そうした中でオンラインカジノを利用するのは問題無いのでしょうか?
オンラインカジノの違法性について概要をまとめたので紹介します。

 

日本で違法となるケース

不正なお金のイメージ

 

まずは、日本で賭博法違反になるケースを見て行きましょう。

 

日本国内でカジノを経営しており、利用者が購入したカジノコインを現金で払い戻しを行うと違法となります。
具体的には、利用者が所持しているカジノコインを現金に換金するのがNGです。
この換金行為が賭博法に触れてしまうのでアウトなのです。

 

カジノに限らず、現金で購入した物を現金で払い戻す行為はすべて法律違反です。
例えばゲームセンターのメダルを現金で払い戻す仕組みが登場したら、これは賭博法に触れてしまうでしょう。
ちなみに、商品を返品する行為などはまったく関係ないので切り離して考えてください。

 

オンラインカジノは合法

問題なしと書かれた看板

 

現行の賭博法では国内のギャンブルを禁止しているだけなので、海外で運営されているオンラインカジノは合法となります。
日本国内でオンラインカジノをプレイしてはいけない法律が誕生しない限り問題無いでしょう。

 

仮の話ですが、オンラインカジノの運営が日本国内にある場合は違法なので注意してください。
メジャーなオンラインカジノはすべて海外に拠点があるので、名前が知れた所で遊ぶのがポイントです。

 

また、オンラインカジノが合法なことを示す根拠があるので紹介します。
実は2016年にオンラインカジノを利用したことを理由に逮捕者が出ていました。
しかし、その中の1人が不当性を訴えて裁判を起こした所、その主張が認められて不起訴を勝ち取ったのです。

 

賭博法では胴元の運営者を裁く目的で作られており、利用者はその罪に付随する形で罰を受けるようになっています。
そのため、海外にいる胴元を無視して利用者だけ裁くのは不当だと主張し、それが裁判所によって認められました。
この判例はオンラインカジノが合法だという証明であり、安全を約束する事例になったのです。

 

以上のことから、オンラインカジノを日本国内で利用するのは合法です。
ただし、繰り返しになりますが国内で運営されているオンラインカジノを利用したらアウトとなります。
必ず海外で運営されているオンラインカジノを遊ぶようにしましょう。